仏教基礎講座

仏教は味わうもの?仏教は実践行?仏教は習うもの?仏教は学ぶもの?仏教をどう捉えるのか人さまざまです。

「御堂さん」(大阪津村別院毎月発行の仏教読書)に掲載の、山崎龍明先生著書「授業・四十八願」を底本にして講義を始めています。
浄土真宗の要とも言える「四十八願」は救いの基本を表したものでありますので、一度は正式に学ぶ事もあっていいと思います。
現在、5名ほどで輪読を行い、仏教用語の説明から、文書が書かれた背景なども含め、初心者に優しい内容としてお話しいたします。
また、僧侶から見た感想を交え、仏教的なとらえ方を養っていただきたく、平易な言葉で語っております。

毎月第3土曜日 午後1時半 (基本的に固定しておりますが、住職の都合で時間を変更することがあります)

テキスト:過去年度の「御堂さん」ですから全てコピーして配布いたします。
持参品:筆記用具・テキストの保管ファイル
場所:超光寺本堂:埼玉県草加市花栗1−32−35 048−942−6612
講師:超光寺住職 七里順量

講師プロフィール:1962年9月 長崎県五島市の浄土真宗本願寺派円長寺に生まれる。
           龍谷大学文学部仏教学科真宗学専攻卒業 西本願寺内勤式指導所研究科(持ち管「笙」)
           布教使住職課程を経た後、西本願寺に職員として勤務(大谷本廟式務部)
           生まれの五島市円長寺の住職を宗務ののち、築地本願寺「東京首都圏都市開教本部」を通して、埼玉県草加市に超光寺を開山。
           平成8年より開教拠点を設置し、精力的に浄土真宗のみ教えを広めるべく、各種伝道活動に従事邁進中

どなた様でも参加が可能です。途中からでも十分わかる内容です。参加費は特に設定しておりませんのでお気軽に・・・