私の音楽史

  1. 小学時代 町のピアノ教室に通うが、生徒は私一人が男の子。遊びたい盛りで6年生でもバイエルを終了できず落ちこぼれ
  2. 中学時代 放課後グラウンドで聞いた、理科室から聞こえるトランペットに吸い寄せられ、理科の教師からギターを勧められる。ちょうど3重奏の曲を練習中で第3ギターを弾けとギターを手にする。小学時代の楽譜を読む習慣が好して1年後には「禁じられた遊び」を文化祭で独奏
  3. 高校時代 独学でギターの虜。今でも癖が抜けず汚い弾き方。クラシックとフォークの併用。
  4. 大学時代 京都龍谷大学で新入生勧誘で、ギタークラブを探すが見あたらず、思いあまってマンドリンオーケストラの出店にてマンドリンに混じってギターの絵を発見。そのまま部室に押し掛け、3回生の美人の先輩に「一緒に頑張ろうね」と言われ頷いてしまった。マンドラ奏者の2回生の春休み手の仮我がもとで指揮者パートに。
  5. 卒業後、友人たちとマンドリンを縁にしたサークル活動をマンドローネで続ける。
  6. 離洛後、僧侶の忙しさにかまけて一時、音楽人生から足を洗ったかのように見えたが、街のマンドリンクラブの所属マンドリンパート。
  7. 東京時代 完全にマンドリンから遠ざかるが、子供の教育のため家内の実家からピアノを運び、一人ピアノのお稽古。
  8. 草加布教所開設後、現在の師に出会い、ピアノのレッスンを受けている。
  9. マンドリンサロン「カリーノ」開設。現在メンバー4名で活動開始、初心者でも入会OK。

マンドリンサロン「カリーノ」

毎週月曜日午前10〜12時 おしゃべりとミュージックの時間 超光寺本堂にて 

音楽は音で楽しむことです。音で楽しいでもいいですね。音楽を間においてより人間らしい楽しみを求めていきたいものです。

まずはご連絡下さい。初心者でも昔弾いていた方でも大歓迎。 
 K-TEL 048-942-6612 090-1550-2714
メールしてね E-mail   choukouアットsoka.ne.jp
(スパムメール防止の為、「@」を「アット」と表記しています。ご注意ください)

ホームページに戻る